徹底リサーチ!おすすめの中古パソコンまとめ

ホーム > 中古パソコンのおすすめ情報 > まだまだ使える中古パソコンがあります

まだまだ使える中古パソコンがあります

パソコンは新品のほうが性能が高いという人もいますが、中古パソコンでもまだまだ使えるものが多くあります。
そこで、選ぶポイントになるのが、自分の使用目的に応じてスペックを選ぶことです。
例えば、インターネットや文書作成であれば、CPUもあまり高くなくても十分に使うことができます。
CPUに関してはCorei3が搭載されていれば、オフィスソフトをはじめほとんどのがソフトも起動できるためおすすめです。
それに加えて、メモリーの容量がポイントになっています。
メモリーは4GB以上搭載されていることが大切で、メモリー容量が少ないとスムーズに動きにくくなってしまいます。
そして、ハードディスクの容量が大きいと多くのデータを保存できます。
しかし、最近はクラウドを活用する人も増えているため、重要視することはなくなっています。


中古パソコンは先ほどあったようなインターネットを楽しめるくらいのスペックであれば、3万円ほどで購入できます。
しかし、複数のソフトを使う人や画像編集などを行う人はスペックが高くないと対応できないことが多いです。
そのため、CPUとしては最低でもCorei5以上でメモリー8GB以上にすることが大切です。
それに加えて、ビデオカードも搭載されていることによって3D編集ソフトやゲームなどもストレスなく動かすことができます。
そして、ハードディスクもSSD搭載の中古パソコンもあり、処理速度が高いため人気があります。
そのため、スペックが高い分高くなりますが、中古パソコンの場合は5万円ほどから購入することができます。
そして、3Dへんっ集をする人などはカスタマイズをすることもあり、デスクトップパソコンのほうを選ぶ人が多いです。


中古パソコンを選ぶときにはスペックも重要になりますが、保証がついているかもポイントです。
購入する店舗や状態によって異なりますが、1ヶ月から半年などの期間で保証を付けてくれるところがあります。
中古のため、できれば保証がついている中古パソコンを選ぶことをおすすめします。
それに加えて、ビジネスなどで使うのであれば、オフィスソフトが搭載されているタイプを選ぶことも大切です。
ちなみに、オプションで付けることもできるため、パソコンを購入するときに指定するほうが安くなる場合があります。
そして、中古パソコンでもOSを新しいバージョンにしていることもあり、安心して使うことができます。
そのため、できるだけ安く抑えたいという人は中古パソコンも視野に入れてみることが大切です。

▲ ページトップへ